太陽光発電+オール電化=光熱費ゼロ円生活!

太陽光発電システムとオール電化を組み合わせれば、発電した電気を最も効率よく利用することができます。

関電の『はぴeプラン』(オール電化契約)なら、

はぴeタイム

①電力単価の割高な昼間の時間帯(デイタイム)は太陽光発電システムで発電した電力で自給します。
②また、昼間の余剰電力は電力会社に売ることができます。
③電力使用量の多い朝夕の時間帯(リビングタイム)は通常料金より割安な電力単価で購入します。
④太陽光発電システムが発電しない夜間の時間帯(ナイトタイム)は更に安く通常料金の約1/3の電力単価で購入します。

太陽光発電+オール電化にすると
光熱費がどうなるのか?

昼間は太陽光発電システムで作られた電気を使用して、食器洗いは夜間にエコキュートで沸かしたお湯を利用!
余った電力は高い単価で売っちゃいます。

電力の売買イメージ

夜間は「はぴeタイム」の安い電気料金を利用した、エコキュートのお風呂。
炊飯器や食器洗い乾燥機、洗濯機や乾燥機などの電化製品も、「はぴeタイム」用にタイマー設定!

お手入れが簡単なIHクッキングヒーターを使えば、余計な熱を空気中に放出しないのでエアコン代も節約できます。

エネルギーモニタで発電量や使った電気代、売った電気代、差額の電気代などがわかるから、家族みんなが、「さらに節電しよう!」という意識になります。

エネルギーモニタ1 エネルギーモニタ2 エネルギーモニタ3 エネルギーモニタ4

その結果・・・

太陽光発電+オール電化の光熱費

ガスを使わないからガス料金がゼロに!
太陽光発電の余剰電力買取制度で
毎月の光熱費もほとんどゼロ円に近い状態!
※上記例では、年間光熱費約28万円が1万7千円に!

電気(節電)を意識した生活をすればするほど太陽光発電システムやオール電化に初期投資した費用を早くに取り戻すことができるのです。

さらに!Wで環境にやさしい!

エコキュート

太陽光発電システムは、太陽光を利用するのでCO2の排出量はゼロ!
また、空気の熱でお湯を沸かすエコキュート(電化給湯)なら、使用する電気の3倍以上の熱エネルギーでお湯を沸かすので、高い省エネ効果とCO2排出量の大幅な削減が期待できます。